読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

リポジトリ

「しまね大交流会」に出展しました

12月11日(日)にくにびきメッセを会場に開催された「しまね大交流会」に、附属図書館から、「図書館コンシェルジュ」と「しまね地域資料リポジトリ」の2つのブースを出展しました。 「しまね大交流会」は、島根大学が主幹校となって実施している文部科学省…

シンポジウム「文化遺産の記録をすべての人々へ!―発掘調査報告書の電子化と公開を考える―」を開催

附属図書館が事務局となって全国の21の国立大学附属図書館と連携して推進する全国遺跡資料リポジトリ・プロジェクトは、11/15(木)、大阪大学附属図書館との共催により同図書館を会場に、シンポジウム「文化遺産の記録をすべての人々へ!―発掘調査報告書…

「全国遺跡資料リポジトリ・ワークショップ ―文化遺産の記録をすべての人々へ!」を開催(報告)

島根大学附属図書館では、本学がプロジェクト代表として運営している全国遺跡資料リポジトリのワークショップを、東京(11/26 於国立情報学研究所)と福岡(12/17 於九州大学附属図書館)の2会場で開催しました。国立情報学研究所の最先端学術情報基盤(CSI…

「シンポジウム:遺跡資料リポジトリ」が開催されました

11月21日、大阪大学附属図書館にて「遺跡資料リポジトリ--発掘調査報告書の流通促進のために」をテーマにしたシンポジウムが開催されました。国立情報学研究所最先端学術情報基盤整備(CSI)委託事業(領域2)に採択されたこの「遺跡資料リポジトリ」プロジ…

評価情報・リポジトリ合同入力説明会

平成19年6月13日に遠隔講義システムを使い松江・出雲両キャンパスを結び「島根大学教員評価情報データベース及び学術情報リポジトリ登録に関する入力説明会」を開催しまし、松江キャンパス115名,出雲キャンパス62名の参加がありました。本説明会では、教員…

常設ミニ展示「学術情報リポジトリって何だ??」開催中

本館1階の常設展示コーナーで、ミニ展示「学術情報リポジトリって何だ??」を開催中です。この4月に公開した島根大学学術情報リポジトリSWANについて、広報用のパンフレットやポスターを使ってコンパクトに解説しています。また、常設展示会場で、パンフ…

島根大学学術情報リポジトリ講演会

10月18日、国立情報学研究所のCSI委託事業を受け、本学学術情報リポジトリ構築のため、国立情報学研究所から小西和信開発・事業部次長をお迎えして松江キャンパス・出雲キャンパスを遠隔講義システムで結び以下の演目で、公演を行って頂きました。質疑応答で…