読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

ブック★コンパス 第5弾 テーマは『裁判員制度』

本館(松江) 企画展示

ブック★コンパスをリニューアルしました。今回のテーマは、『裁判員制度』です。

裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が5月21日から施行され、国民が司法参加する裁判員制度の運用がはじまります。裁判員制度は、国民が裁判員として刑事裁判に参加し、被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決める制度です。
 学生の身分であれば辞退することもできますが、突然候補者に選ばれれば戸惑ってしまうかもしれません。裁判員制度の趣旨や、手続きの流れ、裁判員(候補者)になることでどんな権利義務が生じるのか、制度開始を前に一度確認しておくことをオススメします。
 今回のコンパスでは、3タイプの資料を展示しています。

1、広報資料
 裁判員制度の基礎知識を得て、手続きの概略をイメージするための資料です。
 裁判所の発行する広報用のパンフレットやDVDを置いています。
2、図書
 もう少し詳しく知りたい方のために図書館の所蔵する図書も展示しています。
 裁判員制度の導入については賛否両論。導入する側(裁判所)の資料だけでなく、色んな視点から考えてみたい方は是非。
3、映画DVD
 少しは息抜きも必要ということで・・・、番外編『映画で見る裁判』と題してDVDを展示。訴訟社会アメリカを舞台にした作品が多いですが、裁判を扱った日本映画も置いています。

展示している図書は借りることができます。DVDはカウンターで手続きをし館内で視聴してください。

f:id:Shimadai_Lib:20090415123142j:plain