読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

江戸力・連続講座(1)―手銭家歴代の和歌活動―を開催【出雲文化活用プロジェクト】

公益財団法人 手銭記念館と本学山陰研究センター、附属図書館が共同で取り組んでいる出雲文化活用プロジェクト(文化庁助成事業)は、特別企画展「江戸力―手銭家蔵書から見る出雲の文芸―」を手銭記念館(出雲市大社町)にて開催中です(開催期間:10月4日~12月21日/後援:国文学研究資料館)。

 

特別企画展の関連イベントの第一弾として、連続講座(1)「手銭家歴代の和歌活動―歌壇史上の意義を中心に―」が開催されました(2014年10月13日)。

 

講座では、久保田啓一先生(広島大学教授)に、江戸時代中期の出雲大社周辺地域の和歌活動についてご講演いただきました。ご講演は、手銭家三代当主季硯(キケン)の自筆日記『愛屋免日記』(アヤメ日記)や手銭家に伝わる様々な和歌資料を読み解くことによって、この地で活動していた和歌グループの活動の様子が活き活きと伝わってくる興味深いものでした。(詳しくは、山陰研究センターブログをご覧ください)

 

講演後には展示会場において、久保田先生による展示資料解説も行われ、参加した人たちは、熱心に質問しながら資料に見入っていました。

 

f:id:Shimadai_Lib:20141013132303j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20141013151650j:plain