読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

大移動!!ビフォーアフター

医学図書館(出雲) 図書館の日常

 

なんだか見たことのあるタイトルだと思われたあなた、正解です。

 

医学図書館では、2/25-26の休館日を利用して、

2階閲覧室の模様替えを決行しました。

今年初めに投稿した「大掃除!!ビフォーアフター」に引き続き、

医学図書館をよりよくすべく活動した成果を、写真にてご紹介します。

 

まずは、入口西側。

ここは、カウンター付近に、

図書の無断持ち出しを防止するアラート機器のみならず、

自動貸出装置とコピー機までもが詰め込まれていました。

そのため、カウンターに用がある方、自動貸出装置を使う方、

コピー機を利用する方などが行き交うたび大渋滞に。

そこで図書館職員は、利用者の動線を慎重に検討した上でコピー機を移動し、

自動貸出装置の台を交換する作戦に出ました。

すると・・・

 

 

f:id:Shimadai_Lib:20160225093309j:plain

 

なんということでしょう!

本の貸し出しを行うための、広々とした空間が登場したではありませんか。

その上、なんと・・・

カウンターまでも移動させてしまったのです。

以前の位置から1メートルほど後退し、

明るい緑色のカーペットが顔をのぞかせています。

これからは混雑も大きく解消するに違いありません。

 

つづいて入口東側。

ここには、図書館資料を検索するOPACの横に、

英語多読用のペンギンリーダーズシリーズをおさめる回転書架が並んでいました。

OPACを使う方がいると、ペンギンリーダーズを手に取ることもままなりませんし、

その逆もしかりです。

そこで、OPACを一台にし、回転書架を移動させたのち、

コピー機と新しい記帳台を設置しました。

すると・・・

 

 

f:id:Shimadai_Lib:20160225093218j:plain

 

なんということでしょう!

独立した、OPACとコピーのための空間が生まれたではありませんか。

これで、複写申込書もコピー機の近くでゆったり書くことができます。

 

さらに・・・

 

f:id:Shimadai_Lib:20160226142726j:plain

 

OPACの正面には、あのペンギンリーダーズの回転書架が。

ここなら、OPACを使う方に気兼ねなく、

くるくる回して本を手に取ることができます。

人目に触れる機会が少なかったピカソの絵も顔をのぞかせ、どことなく得意げです。

 

 

かくして、カウンター周辺はこんなにもすっきりした雰囲気に!

f:id:Shimadai_Lib:20160226165126j:plain

 

 

 以上、大移動!!ビフォーアフターでした。

 このほか、2階の公費コピー室や、カウンター前の講座用ボックス付近も、

より使いやすくなるようリニューアルしました。

ぜひ、医学図書館に足を運んでいただき、その変化を体感してみてください。