島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

蔵書リユース市を開催しました

7月9日(月)から11日(水)までの3日間、第14回蔵書リユース市を開催しました。

f:id:Shimadai_Lib:20180720165626p:plain

このリユース市は、重複や改版により不用となった廃棄予定図書について、学生や教職員、そして地域の皆さんに再利用していただくことを目的として、2005年から毎年開催してきています。販売は生協に委託しており、委託手数料を除いた売り上げは島根大学の収入になります。

 

昨年に引き続いて梅雨の開催でしたが、販売日の3日間はよく晴れた日が続きました。それもあってか、たくさんの方にお越しいただき、提供した約5,000冊のうち約半数をお買い上げいただけました。

附属図書館の書庫も満杯になりつつあり、手放す図書がないと新しい図書が置けません。リユース市で提供するのは少し前に発行された図書が多いのですが、内容も古びているかというと、そうじゃない図書もたくさんあります。まだ価値があるのに手放さなくてはいけない図書たちが、リユース市を通じて次の読者の手に渡ることができてよかったなあと思っています。

売れ残ってしまった図書たちへのご心配の声をいただくことも多いのですが、今年度からその一部は島根大学古本募金へ送付する予定です。

 

今年度は、歴史学や数学、社会学、文学関係の図書が多かったのですが、どんな図書がリユース市に並ぶかは毎年変わります。来年度もご来場いただければと思います。

ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

■ 開催概要

日程 2018年7月9日(月)、10日(火)、11日(水)

   ※ 10:00から16:00まで。ただし最終日のみ15:00まで。

   ※ 1日目は島根大学の学生と教職員が対象

     2日目以降は一般の方も対象

場所 島根大学松江キャンパス 大学会館3階 大集会室

内容 各分野の研究・学習用の書籍

価格 1冊100円

f:id:Shimadai_Lib:20180720165637p:plain

[a.n.]

 

 

見どころ紹介 企画展示「イラストでたどる西洋人の見た明治初期の日本」

 図書館ホームページなどでもお知らせしていますが、附属図書館本館(松江キャンパス)展示室にて、「西東文庫」(医学図書館所蔵)の企画展を開催中です。今回は、展示を企画した医学図書館から、見どころなどをご紹介します。


〇西東文庫とは
 “Westernization of Japan”(江戸から東京へ:西洋から見た日本の近代化)をテーマとして蒐集された洋書コレクションで、全827冊です。なかには、『大君の都』(Sir Rutherford Alcock)、『菊と刀』(Ruth Benedict)ほか、Lafcadio HearnやBayard Taylor、Mortimer Menpesなどの初版本も擁しています。文庫名はゲーテの『西東詩集』(West-östlicher Divan)に因んでつけられました。今回は、1800年代後半から1900年代前半(幕末から明治期)にかけて出版された図書を中心に展示しています。

   f:id:Shimadai_Lib:20180626170328j:plain f:id:Shimadai_Lib:20180626171434j:plain f:id:Shimadai_Lib:20180705174133j:plain

〇展示図書

 テーマに沿ったイラストや写真が掲載された図書を中心に、70点あまりを選びました。

〇見てもらうには?
 展示にあたって、展示図書が「洋書であること」「古書のため、直接手に取ってもらうことは難しい」という点が課題となりました。

〇イラストを拡大したパネル
 とくに、明治初期の日本を訪れたイギリスの旅行家イザベラ・バードの「日本奥地紀行」とフランスの実業家エミール・ギメの「日本散策」はパネルによっても紹介しています。明治初期の日本を訪れた二人の記録は、強い関心と深い興味を呼び起こすことでしょう。

    f:id:Shimadai_Lib:20180625154731j:plain  f:id:Shimadai_Lib:20180625154805j:plain

〇手に取って読める「拡大版」
 こちらは、旅行ガイドブックを展示したものです。内容はとても面白いのですが、図書そのものが小さく、文字も読みづらい…ということで、ご紹介したいページを拡大したものを用意しました。展示ケースの外へ置いたものは、手に取っていただけます。

  f:id:Shimadai_Lib:20180625155147j:plain f:id:Shimadai_Lib:20180626170540j:plain
〇関連図書の貸出
 展示した図書には、新版や日本語訳で読めるもの、また、解説や研究を行った関連図書があります。今回は医学図書館、本館が所蔵する関連図書を、展示室入口に配架しました。閲覧・貸出ができます(約60冊です)。来室者のアンケートでは「展示されている図書が読めるとは思わなかった」といった感想もいただいており、館内資料の利用促進につながる側面もありました。

           f:id:Shimadai_Lib:20180625155652j:plain

〇「ペリー提督特集コーナー」
 展示室の入口から見て正面に、大きな平面の展示ケースがあります。「分類を問わず、大型の図書やイラストや写真が目立つ図書の陳列場所にしよう」ということで陳列作業を行っていたのですが、完成した展示ケースを見てみると…。「ペリー提督の日本回航を報じるロンドン絵入り新聞」「ペリー提督日本遠征記」「黒船絵巻」と、いつのまにか【ペリー提督 特集コーナー】のようなものができあがっていました。
 ここに、さらに資料が追加されます。展示をご覧いただいた学内の先生から「ペリー提督日本遠征記 第2巻」についてのご連絡をいただいたのです。西東文庫未所蔵の第2巻は、日米和親条約の写しなどが掲載されています。許可を得て、第1巻と並べて展示しています。

    f:id:Shimadai_Lib:20180705174140j:plain f:id:Shimadai_Lib:20180705173920j:plain

 今回の展示を行ってみて、資料の利用促進や新たな情報提供など、企画展示がもたらす効果に驚き、また「資料の公開」の大切さを実感しています。ぜひご来館いただき、アンケートでご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。                                                                                                                                                                           [tnk]



ビジュアルデザイン基礎講座を開催しました

附属図書館はキャリアセンターと共催で、デザインの基礎を学ぶ研修会を2週にわたり開催しました。もともとこの研修会は、図書館で活動している図書館コンシェルジュからの希望を受けて企画したものです。コンシェルジュ以外の学生や職員にも潜在的なニーズがあると考えて募集対象を広げたところ、2回あわせて約30名の参加がありました。

 

講師は地域未来協創本部から高須先生をお迎えしました。デザインを考える際の基本的なルールや、パワーポイントソフトを活用したポスターやチラシの作成のコツなど、とても実践的な内容でした。

 f:id:Shimadai_Lib:20180628133649j:plain

 

研修のキャッチコピーは「伝えたいことが伝わる!」。

ビジュアルデザインというと、「美的センスには自信が・・・」と逃げ道を作ってしまいそうになりますよね。でも本当のところは、的確に伝えるために必要なのはセンスではなく、ルールやロジックであること、そして「見た目の良さは結果であり目的ではない」といったことを実例を交えながら説明していただきました。

 

1週目の実習では、練習用に準備してくださった「なんだかモヤモヤするパワーポイント」を眺めながら、どこがデザインのルールに反しているのか、ロジックがどうおかしいのか、参加者同士で意見交換しながら、修正する作業を行いました。

f:id:Shimadai_Lib:20180628133658j:plain

 

2週目はさらに具体的な内容で、受講者が持ち寄ったポスターをもとに、悩んでいる点を共有した後、その場でブラッシュアップしていきます。

適用すべきルールやロジックを考えながら改善することで、結果として見た目もおしゃれでカッコよくなっていく様子に腹落ち感がありました。

f:id:Shimadai_Lib:20180628133702j:plain

 

 受講後のアンケートでは、

「今回だけでなく、定期的にやってほしい。」

「すぐにやってみることができそうな収穫があった。目の肥やし方も実践したい。」

「なぜ「ビジュアルデザイン基礎力」が必要か、デザインとは何なのかをまず整理してくださったので、目指すところを理解しながら進めることができた。」

「すぐに応用できる実践的なものだった。」

などの意見がきかれ、とても有意義な研修となったようです。

 

 大学の授業でも、学生が成果発表としてポスターやスライドをつかったプレゼンをする場面が年々増えてきていますが、その方法や基礎となる知識を学ぶ機会はそれほど多くありません。学生がどんなことに困っているか、それに対して図書館がどんなサポートができるか、キャリア支援の側面からも可能性の広がる研修会になったように思います。

 

最後に、研修の最後に高須先生が推薦してくださったデザイン関係の図書のうち、図書館で所蔵しているものをご紹介しておきます。ぜひ参考にしてください。

プレゼンテーションZen( 本館2階閲覧 336.49/R29)

一生使える見やすい資料のデザイン入門( 本館2階閲覧 336.49/R29)

から、そのデザインはダメなんだ。( 本館2階閲覧 547.483/Ko98)

ノンデザイナーズ・デザインブック( 本館2階閲覧 727/W74)

 

<伝えたいことが伝わる! ビジュアルデザイン基礎講座>概要

【日時】第1回 6月20日(水)14:30-16:30(参加者21名)

    第2回 6月27日(水)15:30-16:30(参加者8名)

【講師】高須佳奈先生(地域未来協創本部)

【会場】図書館(本館)3階多目的室

【共催】附属図書館、キャリアセンター

【内容】

<第1回>「ビジュアルデザインの基礎」

 ・なぜ「ビジュアルデザイン基礎力」が必要か?

 ・デザインの「思い込み」

 ・実例の紹介、実習

<第2回>「制作物ブラッシュアップ講座」

 ・事例検討(参加者が制作したポスターやチラシの案をその場で改善)

 ・配色のコツ

 ・目の肥やし方 など

※なお、この研修内容の一部は、後日学内限定で動画を公開する予定です。

 

【yad】

 

第8回ラーコモカフェ ―地方ローカル線は今 木次線の魅力と今後―を開催しました

附属図書館では、6月27日(水)に「第8回ラーコモカフェ ―地方ローカル線は今 木次線の魅力と今後―」を開催しました。今回のゲストスピーカーは、『木次線ローカルガイド』の編集に携わった学生団体”島大Spirits!”のメンバー5名の方です。学生や地域の方を含めて15名が参加しました。

木次線ローカルガイド』においてはそれぞれのテーマで執筆作業を分担したそうですが、各自どのような切り口で取材をしたのかや、取材で苦労したことなど、貴重なお話を伺うことができました。苦労した点としては、思いを文章にする大変さや、地元の方からお話を聞くために打ち解けようと努力したことなどが挙げられました。

質疑応答においては様々な質問が投げかけられ、ゲストスピーカーの学生たちはひとつひとつに丁寧に答えていました。時には質問の代わりに「学生の視点を生かしたまちづくりに参加してほしい」等の要望が寄せられ、地域の方から学生への期待が伺えました。当日は複数の報道機関が訪れ、ラーコモカフェ終了後にゲストスピーカーの学生たちに取材が行われていました。

ラーコモカフェでは、今後も学内外で活躍されている方をお招きしてお話を伺いたいと思います。

f:id:Shimadai_Lib:20180627145024j:plain

【開催概要】

日時:2018年6月27日(水) 14:30~15:30

場所:附属図書館1階ラーニングコモンズ

参加者:15名

 

6/22 ラベンダー提供してます

第2回ラベンダー提供会です。

今朝摘んだラベンダーを、朝から本館玄関付近にて提供しています。

ぜひご来館ください。

今年は蜂がよく飛んできていて、彼らと格闘しながらの収穫です。

ドキドキ。この間はススメバチが飛んでいて身の危険を感じ、撤退。

いつも少しずつの収穫はそのためです。。。

前回はあっという間になくなってしまったので、ご希望の方はお早めに。[kob]

f:id:Shimadai_Lib:20180618094200j:plain

6/18~<第1回>ラベンダーを提供しています

今年も本館前にたくさんのラベンダーが咲きました。

今朝摘んだラベンダーを、朝から本館玄関付近にて提供しています。

ぜひご来館ください。

よい香りが漂っていますよ(^^)

今後も、お天気と相談しながらあと1~2回は提供していきたいと思います。[kob]

f:id:Shimadai_Lib:20180618094212j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20180618094219j:plain

今年も川津小3年生の皆さんが図書館へやってきました!

6月13日(水)、毎年大学へ見学に来ている川津小3年生の児童の皆さんが、今年も図書館へやってきました。

今年は例年よりも少し多めの、124名の児童の皆さんでしたが、元気いっぱい。

図書館では、3グループに分かれてもらい、それぞれ図書館コンシェルジュが案内しました!

 

2階閲覧室の教科書コーナー。みんなが使っている教科書はあるかな?

f:id:Shimadai_Lib:20180613090714j:plain

自動貸出装置。誰かやりたい人、と言ったら「やりたい~!」と殺到。

f:id:Shimadai_Lib:20180613092150j:plain

みんな驚く電動書架。「なにこれ、動いた~!」小学生にとっては衝撃のようです。

ボタンは連打しちゃいけません。

f:id:Shimadai_Lib:20180613100011j:plain

熱心にメモを取る児童の皆さん。

f:id:Shimadai_Lib:20180613100420j:plain

実はコンシェルジュさんも、今回が初めてのツアー案内で、多少緊張していた学生さんも。

面白い質問や、予想していなかった質問などにコンシェルジュも職員もたじたじ。

しかし、案内を終えた後のコンシェルジュさんに聞いてみたところ、

みんなとっても楽しかったということでした。コンシェルジュにとっても、よい経験になったようです。

3階の事務室では、職員からクイズ形式で説明があり、児童のみなさんもよく手が挙がっていました。

f:id:Shimadai_Lib:20180613104056j:plain


川津小の皆さん、また来年もお待ちしていますね![kob]

図書館コンシェルジュ合宿研修―チームを活性化させるスキルを学ぶ―を実施しました

f:id:Shimadai_Lib:20180609131749j:plain

2018年6月9日(土)から10日(日)にかけて、島根大学附属図書館では、島根県立青少年の家(サン・レイク)を会場として、図書館コンシェルジュと図書館職員を対象とする合宿研修を行いました。学生8名と職員4名の合計12名が参加しました。

この合宿研修の目的は2つあります。1つ目は、ワークショップを通して、参加者が図書館コンシェルジュのビジョンを共有すること。2つ目は、チームビルディングを行うことによって「チーム活動を活性化させる」ことです。

島根大学附属図書館では、2010年から「図書館コンシェルジュ」という学生団体を組織し、学生協働を行っています。当初から職員も学生も自分たちで考えながら手探りで運営を進めてきましたが、9年目にして、チームの構築がうまくいっていないのではないかという意見が出るようになっていました。

この状況を変えるため、まずはチームビルディングについて学ぼうということになり、専門の先生をお招きして合宿研修を行いました。島根大学附属図書館で、学生協働にかかる合宿研修を行ったのは初めての試みです。約一日半の研修の中で、一日目はじっくりとお互いを知ることから始め、二日目はいくつかのワークショップを通して、図書館コンシェルジュの今年一年間のヴィジョンを導き出すという取り組みをしました。

一日目はフルーツバスケットやungameなどのゲームや、偏愛マインドマップを作成してお互いに話し合い、相手の好きなものを知るという活動をしました。ungameというのは、すごろくのようにさいころを振ってボード上を進んでいくのですが、「ungame」というコマに止まったら、質問カードを一枚とってその質問に答えなければなりません。質問の内容は様々で、「あなたにとって理想の休日とは?」「自分を楽器に例えたら、なんだと思う?理由も教えて。」などがあります。この質問に答えたり、誰かの答えに対してコメントをしたり質問をしたりすることで、参加者同士がお互いについて知ることができるゲームです。このungameが参加者の間では「おもしろい!」と評判で、この合宿研修以外の場所でも、コンシェルジュのアイスブレイク等に活用する予定です。

二日目は、図書館コンシェルジュの今年一年間のヴィジョンを導き出すために、いくつかのワークショップを行いました。ワールドカフェ形式で「1年後最高だったね!と言える図書館コンシェルジュの活動とは?」という大きなテーマに向かって答えを作っていき、最終的に「私たちの活動の結果、図書館コンシェルジュも利用者も楽しく成長でき、利用者のニーズに応えられ、かつ行きたくなるような魅力を持った図書館となることを目指します」というヴィジョンを導き出すことができました。ヴィジョンを参加者全員で共有した後は、このヴィジョンに沿って企画を4つのグループに分かれて考え、その企画を行った一年後どうなったか?を想像して寸劇にまとめるという活動を行いました。短い時間の中で企画の内容と寸劇のシナリオを作り上げるのは難しかったですが、それぞれの寸劇の発表ではところどころで笑いが起き、楽しい時間となりました。

f:id:Shimadai_Lib:20180610130952j:plain

研修後に行った参加者へのアンケートでは、この合宿研修について楽しく意義のあるものだったという回答が多く、「ほかのコンシェルジュや、普段話す機会が少ない職員さんのことを知ることができて良かった」「今度は新参加者の人たちも含めてやりたいです」といった感想が寄せられました。また、今後行って欲しい研修として、「会議の進め方」や「企画の立て方」といった案が挙げられました。

今後島根大学附属図書館では、人を引き付けるデザインについての研修、会議の進め方の研修などを企画しており、コンシェルジュが学んだことを活用していきいきと活動してくれることを期待しています。[mm]

 

【開催概要】

日時:2018年6月9日(土)~10日(日)

場所:島根県立青少年の家(サン・レイク)

参加人数:12名

医学部講座等事務担当者向け説明会を開催しました

 医学図書館では、講座等事務担当者向けの説明会を以下の日程で開催しました。

この説明会は、事務手続きをスムーズにして図書館を一層活用していただけるよう2006年より毎年行っているものです。本年度は12名の参加がありました。

 

2018年6月6日(水) 午前の部・午後の部

2018年6月7日(木) 午前の部

              (各回とも1時間)

 

 まず、図書館の具体的な利用方法について説明した後、文献検索や文献複写依頼、図書の購入依頼など図書館ホームページから利用できるサービスについてお話ししました。講座等の事務の方にとって図書館とのかかわりが一番大きい部分です。そして、図書・雑誌の購入から管理までの流れについて説明しました。

f:id:Shimadai_Lib:20180607100245j:plain

 出席者からは「全体的な流れがよく分かった。」「もっと早く聞いておきたかった。」といった感想をいただきました。年度途中で採用された方も多く、年1回の説明会だけではなく、個別に随時対応していくことも必要だと痛感した次第です。質疑応答やアンケートでいただいたご意見・ご要望は、今後の図書館サービスの向上や説明会改善等に役立てていきたいと思います。

 

お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました。

 

研修医を対象とした図書館ガイダンスを実施しました

 5月24日(木)18:00~18:25に、研修医を対象とした図書館ガイダンスを実施しました。これは、附属病院卒後臨床研修センターから依頼を受け、医科研修医・歯科研修医へのオリエンテーションとして毎年行なっているものです。参加者は23名でした。

 このガイダンスでは「臨床研修で役立つデータベース、図書館サービスの紹介」に重点をおいています。昨年と同様に、卒後臨床研修センターの教員による「こんな時はどうする?」の問いかけに、図書館職員が答えるという形式で進めました。

           f:id:Shimadai_Lib:20180524181052j:plain

  短い時間の中で、「アクセス方法」「おすすめの理由、使い方」に重点を絞り、次の6つの内容を紹介しています。

  「医中誌Web(日本語の医学文献)」

  「PubMed(欧文の医学文献)」

  「Up ToDate(診療支援ツール)」

  「Procedures CONSULT(処置や手技を動画で確認できる)」

  「EndNote basic(文献情報の収集・管理…無料版です)」

  「リモートアクセス(学外からデータベース等を使用可能にする機能)」

 終了後のアンケートから、つぎのようなことが分かりました。

 紹介したデータベースのうち、「医中誌web」「Pub Med」「Up ToDate」は、「知っている、使ったことがある」という参加者が半数以上でした。         これに対して、参加者の70%以上が「知らなかった」データベース、サービスは、「Procedures CONSULT」「EndNote」「リモートアクセス」でした。

 「リモートアクセス」は、医学図書館としては「ぜひおすすめしたいサービス」です。これを利用すると、図書館の契約するデータベースを学外から使用できます。自宅や出張先でも使えて便利です。学生向けの講習会でも、意識的に紹介してきたつもりでしたが、周知にはまだ工夫が必要なようです。

 また、この3つのデータベース、サービスは「もっと詳しく知りたい」という要望もあがっていました。これらの結果を、今後の講習会に生かしていきたいと思います。  アンケートにご協力いただいた卒後臨床研修センター、研修医のみなさま、ありがとうございました。                                                                           [tnk]