島根大学附属図書館のブログ

島根大学図書館のサービスや催し、身近な出来事などについて、図書館スタッフが写真と共にご紹介します。 

企画展「戦争と平和~」のギャラリートークを開催しました!

先日、企画展「戦争と平和を考える2017」のギャラリートークを開催しました。

ギャラリートークでは、お二人の方をお招きし、当時の戦争体験について語っていただきました。

<第1回 吉野蕃人先生>

 吉野先生は1925(大正14)年生まれ。松江で少年時代をすごしたのち、1945(昭和20)年に召集され、満州(現在の中国東北部)の野戦重砲第20連隊に入隊し従軍しました。

その後、同年9月下旬に「日本に帰す」貨車に乗せられ到着したのがシベリアハバロフスク地方のオブルチェでした。

そこから1948(昭和23)年5月まで、この地で抑留生活が続きます。

日本兵は、抑留生活で過酷な食糧事情と重労働により次々と倒れ、亡くなっていきました。吉野先生もいろんな幸運が重なって自分は今ここにいるのだと語っていたのが印象的でした。

先生のお話の中で特に印象に残ったのが、高田伍長の話。抑留施設の脱走計画の誘いがあったけれど、先生は断ったそうです。その後計画は実行されましたが、みな全滅でした。一人石川兵長だけが収容所へ送り返されてきたものの、結局処刑されてしまいます。他にこの脱走計画を知っていた人(=高田伍長)が帰国後吉野先生と再会し、1987(昭和62)年に吉野先生の誘いで石川家の菩提寺に供養を営んだそうですが、翌年自ら命を絶ってしまいました。

このように、脱走事件から42年経過してもなお、戦争の傷跡が一人一人の心に深く残っていたのだと、あらためて気付かされました。

f:id:Shimadai_Lib:20171206131656j:plain

<第2回 常松正雄先生>

 常松先生は1930(昭和5)年平田市生まれ。銃後の仕事として、男手のいなくなった百姓家に畑仕事や水汲み、薪作りなどの勤労動員を経験し、そのせいで腰痛持ちになった、これは戦争後遺症だと言われていました。

先生は、戦争末期の1945(昭和20)年4月に島根師範学校へ入学しますが、ここでは軍事教練や運動場の開墾、建物疎開(附属小学校校舎の取り壊し)を経験しました。

先生はお話の最後に、「振り返ってみると、戦争という一つの目標をもって、何も考えない、余裕を与えず、すべてを犠牲にさせるという思想の統一があった」と当時を振り返り、「世界の市民が自分の考えをもって行動することが大事だ」と語ったことが印象的でした。

f:id:Shimadai_Lib:20171214123110j:plain

先生方、貴重なお話をありがとうございました。

 

島根大学 草月流華道部のいけばな作品を展示しています

島根大学 草月流華道部のいけばな作品を玄関ロビーに展示しています。

 

f:id:Shimadai_Lib:20171213144934j:plain

個性を重視し、「型」にとらわれることなく、自由な表現を求める草月流 

 

f:id:Shimadai_Lib:20171213144854j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20171213144822j:plain 

 

いけばなは、図書館に訪れた方々の心をほっと和ませてくれます。

毎週、新しいいけばな作品が並びますので、ぜひ足を運んでみてください。

12月26日(火)からは、”正月いけばな”を展示する予定です。

企画展「戦争と平和~」こぼれ話<その②>

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日も雪の降る中、多くの方にご来館いただいています。

展示室にもぜひ足をお運びください。

本日は、企画展のこぼれ話その②。

 

今回、入り口近くの展示ケースに軍人手帳と戦時日記を展示していますが、そもそもこれら資料をお借りできるきっかけになったのは、前回紹介した『北支転戦記』の後記でこの資料について触れられていたからなのでした。

そこには、

「雑賀町から日中戦争へ出征した二十歳の兵士が、戦地に向かった1937(昭和12)年から8月1日から戦死するまでの百日間がつづられており、その兵士の手帳は奇蹟的に戦友が持ち帰って遺族の手に渡り、現在は雑賀公民館に保管されている」

という内容の山陰中央新報社の記事(2011年8月14日付)が紹介されています。

『北支転戦記』の第4版を編集された曽田幸広さんは、この記事をお盆に読まれ、何か因縁めいたものを感じた、と述べています。

これを読んだ後、雑賀公民館の職員さんに聞いてみたところ、確かにこの資料はあり、公民館のお近くの方が寄贈された、とのことでした。

この資料は、現在同町の松江先人記念館にて保管されているとのことで、早速記念館の資料に詳しい雑賀公民館前館長の福岡修之さんをお尋ねしてみました。

すると、この手帳だけではなく、この手帳の持ち主の山村栄吉さんが使っていた軍服から帽子、コート、出征時ののぼり(前回記事参照。展示中)などが次から次に棚から出され、他にも寄せ書き日の丸、千人針の腹巻、遺言袋、遺品袋なども出てきました。

f:id:Shimadai_Lib:20171128111924j:plain

今回はあくまで戦争体験記(=本)を中心に展示を考えていたのもあって、お借りしたのはほんの少しですが、再度借用に訪問した際に、福岡さんがニコニコしながら「あんたが興味ありそうだけん持ってきてみたわ」と、さらに当時の雑誌二つを持ってきてくださいました。なんでも、捨てられるところだったのを、縁あって福岡さんのところへやってきた物たちだとか。

それが、今回展示しているのらくろ士官学校の巻(少年倶楽部新年号付録)」と、主婦の友 勝利の体当り生活 (昭和20年)新年号」です。

 のらくろは、当時の少年たちに士官学校がどんなところであるか、またお国のために尽くすことがいかに大事なことか、ということがわかりやすく漫画で表現されています。

主婦の友は、こちらも目次からしてすごい。

・毒獣アメリカ女

・敗けたらどうなるー敗戦国の惨状を見よ―

・空襲下の非常炊飯

・敵弾下の冬の妊産婦と乳幼児防護

・軍国の母顕彰発表

 (一部抜粋)

・・・などなど。

今の主婦系雑誌の特集といえば、断捨離や節約・片付けですが、それとはだいぶ違いますね(当たり前ですが)。

普段目にする雑誌ですらこのような文句が飛び交っていた当時を思うと、今平和な現代で「普通に」雑誌が読めることにホッとします。

実際読んでみると、当時こうして世の中の主婦は戦争や貧しさと戦っていたのかと分かります。逆にこのような雑誌を通して、国家が女性を戦争へと導いていたのかも透けて見えます。

これらの雑誌も展示しています。資料の状態があまりよくないため、手に取ってご覧いただくことができませんが、当時の雰囲気を感じていただければと思います。

 

企画展「戦争と平和~」こぼれ話

ただいま開催中の企画展「戦争と平和を考える2017」、皆さん観ていただきましたか?

今回は、この企画展を開催するにあたってのこぼれ話を。

まずは、1冊の本を紹介します。

曽田幸広編『北支転戦記:梅田房雄従軍日記』

本の著者である故・梅田房雄さんは、1914(大正3)年島根県那賀郡杵束村田野原に生まれ、1937(昭和12)年7月末に歩兵第21連隊に応召され、8月1日に出征しました。

彼は、故郷を出てから出征中戦地で毎日手帳に日記を書き、それは一日も欠かすことなく翌年8月末に病のため宇品へ帰還するまで続きました。

彼はその後、1939(昭和14)年6月25日に亡くなりますが、この日記は遺族によって大切に保管されていました。これを彼の弟・梅田敏男さんが文字を起こし、1970(昭和45)年兄の三十三回忌を記念して一冊にまとめたものが『北支転戦記』です。

ぜひ、手に取ってお読みください。

梅田青年と同じ日に、松江市雑賀町から山村栄吉さんも中国戦線へと出征しました。

彼も手帳を記しており、中国北部にある現在の山西省太原市で戦死しましたが、その手帳は奇跡的に戦友が持ち帰り遺族の手に渡りました。現在は、雑賀町の先人記念館にて保管されています。

手帳によると、山村さんも梅田青年と同じ戦場で戦っており、『北支転戦記』と照らし合わせて読むと、当時の状況が克明に伝わってきます。日記の最後の記述は1937(昭和12)年11月8日で終わっています。この二人の兵士は、出征した日も同じでしたが、共に戦死・戦病死という無残な結果で一生を終えることになったのでした。

f:id:Shimadai_Lib:20171128112000j:plain

今回、展示室奥に飾ってある幟(のぼり)は、山村さんが出征された際に家の前に多くたてられたもののひとつで、こののぼりのもと多くの町内や知人に見送られたそうです。当時、入営(=兵役につくこと)は名誉なことで、「祝入営」と書かれています。

たくさんあったものの中で、ご遺族はもう捨てるからということだったので、きれいなものを二つほど、雑賀公民館(現在は雑賀町の先人記念館に所蔵)に寄贈されたそうです。

「祝入営 陸軍歩兵 山村栄吉君 相生町某氏」と書かれてあります。

こちらもぜひご覧ください。

f:id:Shimadai_Lib:20171129114637j:plain

 

 

 

平成29年度 第26回島根県医療関係機関等図書館(室)懇談会総会を開催しました

 11月24日(金)に第26回島根県医療関係機関等図書館(室)懇談会(通称・いとこん)の総会に参加しました。会場は松江市立病院がんセンターでした。

 

 最初に、松江市立病院病院長から「新たながん医療の展開」と題してご講演いただきました。日々、医療上の常識は変化しているため、よりよい治療をするために大量の情報が必要になっています。図書館(室)の役目は、こうした情報の整理や効率化、研究支援である、とのお話に対し、深く頷く参加者もおられました。また、ある臨床実験を信頼できると見なすためには、どの程度の母数が必要になるかも解説いただき、「こうした情報はぜひ図書館の人にも知っていただきたい」との言葉もありました。図書館(室)の職員としてより一層学ばなければ、という意識をもたれた方もいたのではないかと思います。

f:id:Shimadai_Lib:20171127105122p:plain

 

 講演後は、加盟機関職員による発表(2題)や、協議・報告事項の確認を行いました。発表資料等は、後日いとこんホームぺージ(http://www.lib.shimane-u.ac.jp/itokon/)で公開します。

f:id:Shimadai_Lib:20171127105223p:plain

 

 松江市立病院がんセンターは、今年3月に完成したばかり。病院図書室も、がんセンター内にあります。総会終了後は、図書室をはじめ、センター内の見学を行いました。山陰初となる高精度放射線治療装置サイバーナイフは、その巨大さと緻密な作業を的確に行う能力に、参加者から感嘆の声があがっていました。

f:id:Shimadai_Lib:20171127104824p:plain

企画展「戦争と平和を考える2017」および「平和学推薦図書」展示を開催中です!

11月27日(月)より、附属図書館1階展示室で企画展「戦争と平和を考える2017~記録された戦争体験~」および、展示室入り口にて「平和学推薦図書」展示開催中です。

今回企画展では、島根県立図書館、松江市立中央図書館、浜田市立中央図書館より戦争体験に関する図書をたくさんお借りして展示しています。

また、雑賀町にある先人記念館より、日中戦争に出征した兵士の日記と軍人手帳をはじめ、多くの資料をお借りして展示しています。

 

「平和学推薦図書」展示では、教養科目「平和学」を講義されている先生方からおすすめの図書を推薦いただき、コメントを付けて展示しています。

 

ぜひご来場下さい。

なお、期間中にギャラリートークも開催します。

普段なかなか聞くことのできない貴重な戦争体験を知る良い機会です。

こちらもぜひご参加ください。

 

【日時・会場等】
会 場: 島根大学附属図書館(本館) 1階展示室
期 間: 2017年11月27日(月)~12月22日(金) 《入場無料》
時 間: (月~金) 8:30~21:30
(土・日・祝日) 10:00~17:30
主 催: 島根大学附属図書館
 
【関連イベント】 ギャラリートーク 
 関連イベントとして、本学名誉教授の吉野蕃人先生と同じく本学名誉教授の常松正雄先生によるギャラリートークを開催します。吉野先生からは従軍体験とその後のシベリア抑留体験を、常松先生からは学生時代に勤労動員を経験されたお話しを中心に伺います。
◇第1回◇ 
 日 時:12月6日(水)13:30~15:00
 講 師:吉野蕃人先生(島根大学名誉教授)
◇第2回◇ 
 日 時:12月14日(木)12:45~14:15
 講 師:常松正雄先生(島根大学名誉教授)
 会 場: 島根大学附属図書館 1階 ラーニングコモンズ 《事前申込不要》

f:id:Shimadai_Lib:20171128112608j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20171128111838j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20171128112637j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20171128111741j:plain

第53回日本医学図書館協会中国・四国地区会総会を開催しました

 平成29年11月16日(木)・17日(金)の2日間、島根大学附属図書館医学図書館を会場として、第53回日本医学図書館協会中国・四国地区会総会を開催しました。

 

 特定非営利活動法人日本医学図書館協会には、国公私立大学・研究機関・病院の医歯薬学系等の専門図書館・室及び個人が加盟し、活動を行っています(参考:日本医学図書館協会-JMLAの紹介 http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/ass/index.html)。

 中国・四国地区会総会は毎年開催され、今回は理事、オブザーバー館も含め、12館・室から20名の参加がありました。

 

f:id:Shimadai_Lib:20171116135703j:plain

(医学図書館長による挨拶)

 

 1日目は理事報告・評議館報告・各館の年間報告の後、協議事項を話し合い、2日目は継続教育発表と承合事項の確認を行いました。継続教育発表では、それぞれの館の取り組みなどについて3館から発表がありました。また、1日目の夕方には情報交換会が行われ、食事をしつつ各館の状況などを聞く等して交流を深めました。

  この会で、中国・四国地区の医学図書館や病院図書室で行っている活動を知ることができ、当館でも参考になる点が多いと感じましたが、参加された館・室の今後のサービスを向上させる契機になったのではないかと思います。

湖南中の生徒さんが職場体験にやってきました!

今年も、この時期がやってきました。

10月2日(月)~6日(金)まで、今回も湖南中から

二名の生徒さんがやってきました。しかも二人とも男子!

初日の受入式は、やや緊張気味な二人。

f:id:Shimadai_Lib:20161001085903j:plain

翌日からは、図書の返却やカウンターに入ってもらい、

実際に図書館システムで返却処理をしたり、館内の清掃や

本を探すお手伝いをしました。

f:id:Shimadai_Lib:20171003090530j:plain

f:id:Shimadai_Lib:20171004084635j:plain

蔵書点検で見つからなかった本を見つけたりなど、とってもお手柄だった二人。

しおりも作ってもらったので、お土産に持って帰ってもらいました。

最終日は、3階の事務室で資料の受入や装備(バーコードラベルや請求記号の貼付)のお仕事を体験しました。

f:id:Shimadai_Lib:20161005132616j:plain

最後は修了式で、総務お手製の写真アルバム付き修了証を交付。

5日間お疲れ様でした!

これらの体験が、少しでも彼らの成長にスパイスとなっていますように。

 

 

 

 

 

医学図書館で中学生の職場体験学習を受け入れました

 

 今月、医学図書館の職員の平均年齢が一気に下がる出来事がありました。それは、中学生の職場体験学習の受入れです。

 昨年同様、出雲市内の2つの中学校から来た4名の生徒が大学図書館の仕事を体験しました*1

 

 

9月5日(火)から7日(木)までの間は出雲市立第三中学校から。

f:id:Shimadai_Lib:20170907140226j:plain

(雑誌を各講座用の受け取りボックスに配架している様子)

 

9月20日(水)から22(金)は出雲市立第二中学校から。

f:id:Shimadai_Lib:20170922141906j:plain

(簡易帙を作成している様子)

 

 生徒たちは、図書の返却やカウンター業務、書架の整頓といった「サービス」に関わる仕事と新たに購入した図書や雑誌の登録作業といった「資料整備」に関わる仕事を学び、図書館の利用方法や資料の取り扱いについてのポスターも作成しました。

 

 ポスターのテーマは、医学図書館で気づいたことや気になったことをもとに、生徒自身で決めました。完成したポスターは図書館の廊下に掲示しています。

それぞれ素敵な作品ですので、ぜひご覧ください。

 

 また、出雲市立第三中学校の生徒たちには、資料を保存するための簡易帙*2も作ってもらい、作成した簡易帙はそのままプレゼントしました。*3

 

 この3日間の体験が、将来仕事をするときに少しでも役立つことを祈っています。

 

 

*1:昨年の様子はこちらshimadai-lib.hatenablog.jpから

*2:簡易帙の作り方は、研修・保存フォーラム|国立国会図書館―National Diet Library実演「簡易帙をつくる」を参照にしました。

*3:もちろん、資料はプレゼントしていません。

オープンキャンパス(2017)

 島根大学では8月5日(土)・6日(日)の2日間、オープンキャンパスが開催されました。両日とも今年最高気温を更新しそうような暑さでしたが、たくさんの高校生と保護者の方が来てくださいました。

f:id:Shimadai_Lib:20170807103946j:plain  f:id:Shimadai_Lib:20170807112544j:plain

           

 今年も図書館では、図書館コンシェルジュオープンキャンパスのお昼休憩に楽しい企画を実施しました。今回は、館内の8か所のポイントを巡るスタンプラリーをメインに、ラーニングコモンズでは、大学生になって最初に使う初年次本、また、島根の写真集やユニークな方言集といった郷土資料の展示をしました。また、入館ゲート付近では、ビッグパッドで館内説明のスライドを流しました。

 スタンプラリーは、1日目134名、2日目102名の参加があり、制覇した参加者には、「うちわ」や「しおり」の手作りグッズをプレゼントしました。

f:id:Shimadai_Lib:20170807103737j:plain    f:id:Shimadai_Lib:20170806130211j:plain

 

 参加してくれた高校生は、コンシェルジュに大学生活の事や学習の様子などを質問する場面も見られ、大学生との交流も楽しんでいました。

 今回をきっかけに大学の事や大学図書館を知っていただけたら嬉しく思います。